縦割り保育で感触遊び

普段ははな、うみ、そらぐみの年齢別に活動をしている幼児さんですが、

今日は3クラスが混ざってみかん、もも、メロンチームに分かれて、活動する縦割り保育の日。

3つのグループでそれぞれ感触遊びを楽しみました。

 

 

お部屋を順番に覗いてみると、グループによって、素材がちがうようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たらいを使っているのは、メロングループ
なかなか、粘土のように大きなかたまりにならないようです。

 

 

 

 

 

 

メロングループは、パン粉を使っていました。

 

 

 

テーブルの上で一生懸命こねているのは、みかんグループ

 

 

 

 

 

 

パン屋さんのようだなぁ・・と思ったら、やっぱり小麦粉でした。

食紅を入れて色をつけて、色々なものを作っていました。

 

 

 

ももグループは片栗粉を使っているようです。

 

 

 

 

 

 

握ると固まるのに、手を開くと流れてしまう片栗粉。

不思議を楽しんだ、ももグループさんでした。